FC2ブログ
ファイターズはソフトバンクに2連勝して
オールスター前の前半戦最終戦を終えて
2位でターンすることができました!

今日 試合はお休みで
明日、明後日とオールスター戦があります。
ファイターズからはダルビッシュ投手、
武田久投手、田中賢介内野手、
稲葉篤紀外野手、森本稀哲外野手が選ばれました。

ダルビッシュと稲葉さんは8月の北京オリンピックの
代表にも選ばれています。

前半戦の疲れや故障など、万全の体調ではない彼ら。
それでも出るからには一流のプレーを見せてくれるでしょう。
オールスターでは稀哲さんの
パフォーマンスがあるとかないとか。
これも楽しみだけど、一番の楽しみは
普段 敵味方の選手が同じチームとなってプレーするところ。
どんな打順になるか、守備の連携はどうか、
普段組まないバッテリーの相性はどうかなと
見どころは満載で、今から楽しみ!

これが終わると今度はオリンピックの代表選手との強化試合が
セ・パそれぞれの選抜メンバーで行われます。
こちらもとっても楽しみ!

リーグ戦は来月3日まで止まってしまうけど、
また違う楽しみも待っています。

とりあえず、明日旭川は花火大会があるんだけど
「どうしようか」と2人で話し合っています(笑)


沖縄キャンプでたくさんサインをもらった
主人のレプリカユニフォーム。
前にもたくさん書いてもらいました。

札幌ドームではかなり注目されてます。
2008.07.30 / Top↑
開拓者への感謝と地域の発展を願って開かれている
永山屯田まつり。
「あんどん」と呼ばれる扇形をしたねぶたの様な山車が
道路を練り歩きます。


道内最大の太鼓があるって聞いたけど、これかな


ねぶたっぽいですね


力強い太鼓や鐘と共に「エイヤサー!」という掛け声が入ります。
調べてみるとこのお祭りをやっている永山地区の「永」をエイと読み、
「山」のヤに、北海道弁の強調(?)「サー」をつなげて
「エイヤサー」となったのだとか。

太鼓のリズムや掛け声、鐘の音・・・
これも夏!ですね。
2008.07.27 / Top↑
北海道に梅雨はない、と言いますが
毎年6月から7月にかけて
どんよりとしたお天気が続くような気がします。
雨は降らないものの、
あまりお日様を見ることがなく、曇りの日が続いていました。



きれいな青空


週間天気予報にも晴れマークが並んできたので、
そろそろこっちも夏本番かな。
去年に比べたら夜が涼しいような気がするんだけど
どうだったかな。


夜は層雲峡まで花火を見に行ってきました。



峡谷の間で花火が打ち上げられるので、
周りの柱状節理の壁に跳ね返って響く
花火の音は迫力満点です。
この花火大会は純粋に花火の音が楽しめました。
2008.07.26 / Top↑
紅茶教室 7月はアイスティー。
今年もおいしいアイスティーのアレンジを教えていただきました。

初級の時はグレープフルーツジュース、
中級ではカルピスを使ったアレンジでした。
上級の今回は・・・なんだと思います?

コレ!

ゆず茶

普通にアイスティーを淹れて
仕上げに好きな分だけゆず茶を加えます。
ゆずの香りはもちろん、
甘みに、ほどよい渋み、ほのかな酸味が加わります。
ほんとおすすめなので、ぜひやってみてください。
2008.07.25 / Top↑
桃 届きました!


すきなフルーツでは
間違いなく3本の指に入るであろう 桃。
(いちご・マンゴーとよく入れ替わります)
食べる1~2時間前に冷やすといいんだって。
さっそく今夜のデザートにいただきましょうか。

おいしそうな桃が届いたので
今度はこっちからも何か送ろうかな。
あま~いとうもろこし?それともメロン?
北海道にはおいしいものがたくさんです。

おうちの前にクール便のトラックが停まると
ちょっと期待しちゃいませんか?

おいしいもの交換会・・・したいなぁ・・・。
2008.07.20 / Top↑
札幌ドーム、9月分のチケット発売日。
最終戦は人気だろうな、と思い
10時の発売開始に合わせて
ローソンへ行ってきました。

最寄のお店ではわたしたちは3番目。
後ろにも2,3組ほど。
ふ~ん、旭川でも並ぶんだね。
10時になると同時に、ロッピーは繋がらない状態に。
ま、予想はしてたけどね。

20分を過ぎたあたりから繋がり始めて
10時半にはわたしたちも希望の席をゲットできました。


28、29日 
札幌ドームの最終カードはロッテ戦

この試合はすでに売り切れの席もたくさんあるのだとか。
一般発売は明日だけど
きっと枠も少ないんだろうな・・・。


ファイターズは今日現在首位西武と
2,5ゲーム差の2位。
だけど、3位のソフトバンクとは1ゲーム差しかありません。
さらにオリンピックでダルビッシュ君、稲葉さんが抜けるので
ますます厳しい状況になります。
なんとか離されずに
クライマックスシリーズ圏内にいてほしいものです。
2008.07.19 / Top↑
ちょっと遅くなったけど
今年も梅 漬けています。


梅シロップ

これは去年のと2年前のもの



これがまだあるから今年はいいかな、と
思ったのだけれど
そしたら来年に飲む1年モノがなくなっちゃうので
今年も漬けることに。

熟成するのか、
時間を置くとおいしくなってるような気がします。

左の少ないのが2年モノ。
あとちょっとだけになっちゃうと
もったいなくてなかなか飲めない貧乏性です(笑)。


2008.07.17 / Top↑
2泊3日で網走・知床へ行ってきました。
いつもの旅行では寝るだけになってしまいがちな
キャンプなので、
今回は観光よりもキャンプをメインに。

泊まったのは取湖畔のキャンプ場。
設備の整ったキレイなキャンプ場でした。
平日とあって、わたしたちの他には1組くらい。
やっぱりキャンプは静かでなくっちゃね。


観光はそこそこでしたが、
今回はいろんな原生花園へ行ってきました。
いいタイミングで見ごろを迎えていましたよ。


エソフウロ・エゾスカシユリ・エゾカワラナデシコ
(黄色いお花が分かりません)

サロマ湖のワッカ原生花園では自転車を借りて
お花畑の中をサイクリングしました。
気持ちよかったなぁ。
近所にもこんなところがあればいいのに。



センダイハギ・ムシャリンドウ・エゾカンゾウ


おいしいものは今回もシーフード。
オホーツク、サロマと言えばやっぱりホタテです。

初日にサロマ湖の海産物販売所で
焼きホタテと生ホタテを。
すぐ隣の水槽(?)から捕ってきてくれるのでとっても新鮮。
生のホタテってとろけておいしいものだと思っていたけど、
ここのは筋に添ってシャキシャキしていました。
これも新鮮だから?
もちろん焼ホタテもおいしかったです。

ランチには常呂のレストランでホタテづくし定食

お刺身にフライにお味噌汁に磯焼き

さらに夕食にはホタテがメインの海鮮バーベキュー。
1日でホタテ何枚分食べたんだろ(笑)。





知床の玄関口 斜里町では
じゃがいものお花が満開を迎えていました。


青空だったらもっとよかったのに

オシンコシンの滝



3日間 青空を見ることも雨が降ることもなく、ずっと曇りで
お天気に恵まれないなぁ。
知床五湖に行ってみたら、数日前に熊が出たらしく
この日行けたのは二湖まで。
山の方は全く見えなかったんだけど、
霧に包まれた知床の森は
神秘的、幻想的で
今まで晴れた時しか見たことがなかったので
かえってよかったかも。


湖面にきれいにうつっています



知床でもやっぱり子ギツネちゃんに会いました。

こらこら 車にひかれるよ


久しぶりに炭をおこしてバーベキューをしたりして
キャンプらしいキャンプができました。
朝、鳥の声で目が覚めるのが
とっても気持ちいいんですよね。
お天気には恵まれなかったけど
まあまあ満足な2泊3日でした。
2008.07.16 / Top↑


石狩川の花火大会に行ってきました。
8時15分開始予定だったのが、
ステージでのイベントが長引いてしまい、
始まったのは9時くらい。
しかもあっという間に終わってしまいました。
あれ?こんなに早かったっけ?

最近の花火大会って
レーザーを使ったり、音楽と連動させたりとにぎやかで
それはそれでいいと思うんだけど、
ひさしぶりにあのヒュ~って上がる音や、
空に響くド~ン!って音も聞きたいかも。
これもやっぱり夏の音だしね。

これから夏のお祭りのシーズンですね。
今年はいくつ花火大会を見に行けるかな。
2008.07.13 / Top↑
スーパーでお買い得!

かぶ これで130円!

しかも地物の無農薬!
こんなにたくさんで130円っていいの?と
思ってしまいました。

せっかくの無農薬なのでふりかけに、浅漬けに
お味噌汁に、といろいろと作ってみました。

無農薬の野菜って、いいのは分かるけどちょっとお高い。
毎日となると家計にもちょっと負担。

・・・と、思っていたんだけど
こうやって全部食べることができるのなら
とても高いってことはないのかも。

パンの先生が
「そこそこの値段で買ったのものがイマイチで
‘‘どうしようかな‘‘って思って余らせるよりも、
ちょっと高いと思っても(例えばビンなら)逆さにして
最後の1滴まで使い切ったほうが経済的。」
って言ってたけど、ほんとそうかも。


このかぶの葉は虫に食べられた穴があったんだけど、
わたしはそんなに気にならないし。

以前、自分で野菜を作ったときのこと。
野菜って、基本 水をあげなくても
肥料をまかなくても、
ましてや農薬を使わなくても
ちゃ~んと育つんですよね。
葉モノはやっぱり虫に食べられちゃうんだけど、
トマトや大根やニンジンやじゃがいも・・・
どれもちゃんときれいにできました。

虫が嫌がって逃げちゃったり、
その虫が死んじゃうようなお野菜よりも
「おいしいなぁ」って食べられちゃうお野菜のほうが
体にも環境にもいいってことは分かってるんですけどね。

あとはお値段との兼ね合いになるんだけど、
無農薬の野菜も、もっと買う人が多くなれば
生産量も増えて、お値段も安くなるみたいですね。


と、体のことや環境のことが気になりだしたのは
やっぱり年のせいなのかしら。
2008.07.11 / Top↑
1日、2日と札幌ドームへ
西武との首位攻防戦を観にいっていました。
しかし、悔しいことに2連敗したため
この記事は書きません・・・。


いつもなら札幌までは
高速を使わずに275号線を通るのですが、
18時からのナイターだったし、
お天気もよかったので
一度留萌まで出て海岸沿いを通って向かうことにしました。

ひさしぶりの海!


増毛の「オーベルジュ ましけ」でランチ

増毛エビカレー

増毛町特産の甘エビの販売が行われる「増毛えびまつり」。
この町出身のフレンチシェフ、三國清三さん監修の
エビカレーが大人気ですぐに売り切れになるのです。
このお祭りが1年に1回しかないため、
なかなか食べられずにいたのですが、
今年、増毛町にオープンした「オーベルジュ ましけ」で
食べられるようになりました。

甘エビの旨みが広がるルーで、
カリカリに素揚げしたエビも大きくておいしい一品でした。


はまなすの丘公園のシンボル 石狩灯台

青い空に映えます

ちょうどはまなすがキレイに咲いていました


いろんな海浜植物が見られます。
ほどよい気温にさわやかな海風。
とても気持ちのいい1日でした。
2008.07.10 / Top↑
七夕ですね。
今夜、織姫と彦星は逢えるのでしょうか?
旭川は・・・今の感じだと難しいかな。
ぼんやりと曇っています。

ふと、思いついて作ってみました。


七夕飾り

笹がないので、流木につるしてみました。
(こちらでは笹ではなく、柳を使うって聞いたこともあるけど?)
2人で短冊にお願いごとも書きましたよ。


ところで、北海道の七夕は一般的に
1ヶ月遅れの8月7日になるそうです。
これには旧暦の七夕に合わせてだとか、
北海道は日本列島の北に位置するため、
天の川を観測するのに適した時期が本州よりひと月遅れとなるから、
という説がいくつかあるそうです。

そしてもう1つ、
他の地域と(少なくてもわたしの故郷とは)全く違うところ。
子供たちがが集まって各家庭を訪問し、
「ろうそく」をもらうこと。
「ろうそくだ~せ、ださないとかっちゃくぞ!」と
(※かっちゃくは方言でひっかくという意味。)
歌いながらまわるのだとか。

これを「ロウソク出せ」とか「ロウソクもらい」というそうです。
でも、そこは子供。
ロウソクをもらってもうれしいはずもないので、
お菓子をくれることが多いのだとか。

んん?これってハロウィーン?

残念ながら(?)わたしはここに来てから
1度も見たことはないのですが・・・。
ちょっと見てみたいような。
北海道にお住まいの方、いかがですか?

それにしてもなんでこんな形になったのかな。
地域性とか?
これはこれで興味深いものです。



「七夕かぁ」と思い、カレンダーを見ると、

ん?

「7」のつもりが「2」でした(笑)。
2008.07.07 / Top↑
いよいよ明日から「洞爺湖サミット」が始まりますね!

連日、たくさんの番組で取り上げられている
厳重な警備の様子。
6月上旬に近くを通りかかったときにも、
たくさんの警備車両を見かけました。
人口1万人ほどの洞爺湖町に、
その倍の警察官が入っているというのだから
それはもう物々しい雰囲気なのでしょうね。

今回のサミットは環境問題やアフリカ問題、
世界経済などいろんなテーマがありますが、
「現職のロシア首脳が
初めて北方四島の属する北海道に足を踏み入れる」という、
大きな意味合いもあります。

何事もなく、サミットが無事に終わることを願っています。


さて、会場となる
「ザ・ウィンザーホテル洞爺」。
もともと人気のあるホテルではありましたが、
このサミットを機に全国的にも有名になりました。

わたしたちも何度か訪れたことがあります。
お泊りしたわけではありませんけどね・・・。


素晴らしい立地で、ロビーからは洞爺湖がどーんと見渡せます。

洞爺湖では「ロングラン花火」として
4月下旬から10月下旬まで毎日花火の打ち上げがあるのですが、
こちらからもキレイに見えそう。
もちろん洞爺湖の温泉街からも見えて、
露天風呂から眺める花火は格別です。

ウィンザーでおじゃまするのはココ。

おいしいパンが並ぶ「オテル・ド・カイザー」


ホテルで並ぶ全てのパンをここで焼いています


いつかは泊まってみたいホテルの1つだけれど、
今のところ優先度はそんなに高くはないココ。
やっぱりお値段がハイクラスなのと、
お食事代がすごくて宿泊代金を上回ってしまうあたりに
怖じ気ついてしまいます。

それに、わたしたちはどちらかというと
こじんまりとした小規模のホテルや、
クラシックなホテルのほうがすきなのです。
標茶の「ヘイゼル グラウスマナー」のような。
他にも泊まってみたいホテルもあるし
ま、そのうち そのうち。
2008.07.06 / Top↑
いつもだったら通り過ぎてしまうところ、
旭川から帯広へと向かう途中の
糠平(ぬかびら)へドライブに行ってきました。

今が見頃の十勝三又のルピナス




このあたりでは国道の脇でも
たくさんのルピナスを見ることができます。
帯広方面へ向かうときによくこの道を通るのですが、
層雲峡から三国峠、糠平のこのあたりは
両脇に白樺の並木があったりで、
とても気持ちのいい道なのです。


士幌線の廃線跡にある糠平湖内にある
タウシュベツ橋梁

1955年にタウシュベツ橋梁を通る旧線が廃止されました

糠平湖は人造の湖なので、
季節や発電によって水位が劇的に変化するため、
橋全体が水に覆われてしまう時期もあれば、
水位が0になって全体が見渡せる時期もあることから
「幻の橋」としても有名です。


こちらは三の沢橋梁



糠平から車で20分ほど走ったところにある然別湖。
今日はここでアイヌのお祭りがあると聞いて
出かけたのです。


くちびる山

然別湖には温泉もあって、
ここにはレイクビューの足湯もありました。

お湯は熱め


凶年の年に白蛇の化身が現れ
湖でオショロコマを得て飢えをしのいだという「白蛇姫伝説」。
湖の守り神である女神に一年の豊作と安全を祈願するお祭りです。



アイヌ民族の言葉や踊り、
楽器など 独特で、神秘的・幻想的な雰囲気でした。




このお祭りは数日の前の新聞で知りました。
北海道に住んでいても知らないお祭りも
まだまだあるんだなぁ。
2008.07.05 / Top↑
道南旅行 最後はあまいもの編です。

とは言えこの旅行、
何度も書くようにとっても寒かったんです。
ドライブの楽しみのひとつでもある
おいしいソフトクリームも、
あんなお天気ではあまり食べたくなることもなかったです。

その中でも2件のお店に行ってきました。

中標津町の「ラ・レトリ中標津」

少し酸味のある飲むヨーグルトがおいしいお店。
ジェラートもソフトクリームもあります。


牛乳ソフト

「ラ・レトリ」はフランス語で「乳製品を作る工場・お店」
と言う意味のようで、
なるほどやっぱりおいしいです。


こちらは阿寒町の「あっかんべぇー」さん。
「阿寒」と「牛のべこ」をかけているようです。


ソフトクリームはもちろん、
ジェラードの種類が豊富でどれもおいしそう。
決めるのに迷ってしまう、
そんなうれしいお店です。


迷ったのでソフトクリームとジェラード 両方に。
ジェラードはカマンベール。

北海道のソフトクリームは
濃厚なタイプでも後味がすっきりとしていて
しつこくなく、とてもおいしいです。
ジェラードはふわふわの口当たり。
おいしそうなフレーバーがたくさんあったので、
また行ってみたいお店です。


おいしい海の幸はたくさんあるけれど、
検索してもなかなか見つからなかったこの地方のスイーツ。
そんな中、根室町の花咲港近くで
町民に大人気のお店がありました。


その名も「ホームラン焼き」
ボールの形になっていて「ホームラン」の文字があります。
小さめで1つ50円。あんこだいすき!
2つずつ食べました。


根室市周辺で売られている「オランダせんべい」

小麦粉・砂糖・塩・重曹でできたお菓子。
見た目はワッフルのようだけど、
あんなにふんわりはしてなくて、
かと言って薄くてパリパリでもない不思議な食感が特徴。
味は炭酸せんべいと似てました。
模様のパターンが1/4ごとに違います。



おまけの~動物編~

エゾシカ

道東ではよく見ますが、
この旅行ではこの1度きり。

北キツネ

まだ子供です。
兄弟かな?3匹であそんでいました。

車で近づくと何かくれると思うのか
こっちに寄ってきます。
ごめんね。なんにもあげられないよ。
自分で餌を取って頑張って生きていってね。


そんなこんなで4泊5日の道東旅行も終了です。
長々と読んでいただいてありがとうございました。
2008.07.03 / Top↑
4泊5日の道東旅行。
風景編に続いて今度はおいしいもの編です。

道の駅「白糠 恋問」の名物 「この豚丼」。
日本で初めての「道の駅弁」第1号なんだとか。

大はお肉が6枚、小は4枚乗っています。
とてもボリュームがあるので、
男性でも6枚は多いかも。

炭火の香ばしい匂いに、
ぶ厚いお肉がやわらかくて美味。


炉端焼きは釧路が発祥の地なんだとか。

今が旬の時鮭に、ぷりぷりのホタテ・牡蠣。
脂ののったハラス。
炭火で焼くとぐんとおいしくなるなぁ。


海の幸がおいしい港町釧路。
「さんま」×「(ごはんの)まんま」で
「さんまんま」というナイスなネーミングのコレ。

タレに漬け込んださんまを、
もち米の上に乗せて炭火で焼いたもの。
間に大葉も入っています。
甘辛でわたしのすきな味でした。


食べてみたい駅弁NO,1の
釧路の駅弁「たらば寿し」。
わたしもずっと食べたかったのです。

ど~んとたらば蟹の足がのっています。
他にもカニのフレーク、サーモン、いくらとゴージャス。
電車に乗って食べたいなぁ。


体に3本の白い縞のある「北海しまえび」。
旨みが強くてとってもおいしい。
これからが旬のようです。

5尾で1000円!もっと食べたい!


主人がずっと食べたがっていた
別海町の「ポークチャップ」。

「お肉の厚さ7cm、700g」が有名なのですが、
そんなには食べられないので「ミニ」にすることに。
それでも400gとボリュームがあるので、
2人で食べることにしましたが、
それでもけっこうな食べ応えです。

ケチャップベースのあまずっぱいソースが
食欲をそそります。
700gのボリュームがすごいので、
ぜひHPを見てみてください。

ポークチャップの店 「ドライブイン ロマン」
http://pork-chap.com/


そして、やっぱりカニ!


浜中町の漁師さんの民宿に1泊しました。
そのときの夕食の1品。
大きくて立派な花咲蟹が1人1パイつきました。
身もぎっしり入ってましたよ。
大きな蟹は食べ応えがあっていいですね。


さんまの水揚げ日本1の根室で食べた
生のさんまがたっぷり乗った「さんま丼」

さんまは生がおいしい!
塩焼きを勝るかも?


こちらも根室の名物 「エスカロップ」。

タケノコ入りのバターライスの上に、
薄めのトンカツが乗っていて、
その上にドミグラスソースをかけたもの。


「食べてばっかり」なんて、言わないで下さい(笑)。
冬のような寒さで、キャンプはおろか
湿原や原生花園めぐりもあんまりできなかったので、
今回の旅は(も?)温泉とグルメが中心の旅になりました。

毎日温泉に入ってると
お肌もつるつる、ぴかぴかになりますね。
鼻の角栓もいつの間にかつるんとキレイになっていました。
あ~ぁ、うちにも温泉湧かないかなぁ。


では、次回は甘いもの編へ!
2008.07.01 / Top↑