FC2ブログ
20061231160417
今年の更新は今日で最後です。
この一年Siestaにあそびに来てくれて
どうもありがとうございました♪
連絡もしないまま
突然更新がストップしてしまい
色々とご心配をおかけしました。
来年はなるべくこまめに
更新できるようにがんばります。
どうぞ来年もよろしくお願いいたします。
では、よいお年を…。
2006.12.31 / Top↑
今年も大家さんからクリスマスケーキの差し入れ。


旅行から帰った翌日の朝、持ってきてくれました。
毎年クリスマスにはケーキを1ホール。
それ以外にも、あれこれとおいしいものをいただきます。
山菜だったり、お兄さんが釣ってきたお魚だったり
はたまた「大家さんが食べるんじゃなかったの?」ってお菓子まで。

北海道に引越ししてきて、一番最初のラッキーは
この大家さんに出会えたことかなぁ。
だいすきだったポメラニアンのポッコちゃんはもういないし
元気だったおとうさんも今はご病気であまり姿を見かけないけれど
下に住んでいる大家さんは
いわば北海道のお父さん・お母さんみたいな存在。
この冬は雪ハネもっと手伝うからね♪

2006.12.28 / Top↑
眠い目を開けるとカーテンの隙間にオレンジ色の帯。
窓の外を見てみると、今まさに日の出の時。
 
お部屋の中までオレンジ色に染まります。
これは朝からラッキー。今日1日いい日になりそう♪


朝食もお楽しみ。

自家製のマーマレードにいちごジャム。
そしてミルクジャムのおいしいこと!
パンもすご~くおいしくて、普段は1枚しか食べないけど
2枚はサクッといけちゃいます。

 
主人はソーセージ、わたしはベーコンで。
ここのスモークは香り豊か。
オーダーで主人はフレンチトーストにしてもらいました。


敷地内には厩舎もあるので朝ごはんの後、行ってみました。
 
ポニーとお馬さん。乗馬もできます。

敷地内には川も流れています。
雪が積もっていても行けそう。
 
今朝は冷え込んだため、枝には霧氷がびっしり。
 
チェックアウトの時間までお部屋でのんびりして
このお宿ともお別れです。

従業員の方に聞いたら
「今日は特別」な晴れの日のよう。


ホテルを後にして、向かったのは
新鮮な牛乳を使った「飲むヨーグルト」がおいしい
ラ・レトリ中標津。
 
ヨーグルトは濃くておいしい。酸味もあってわたし好み。

メニューを見ると、おいしそうなじゃがいものシチューが。
おなかはすいてないけど、食べちゃいました。

帰り道はのんびりと風景を眺めつつ・・・。
 

網走を経由して帰りました。
  


今回はのんびりとした旅になりました。
お宿がメインの旅もなかなかのものです。
ヘイゼルグラウスマナーはわたしの憧れのホテル。
来年は連泊したいなぁ・・・。

みなさんはすてきなクリスマスになりましたか?


2006.12.25 / Top↑
川湯エコミュージアムセンター裏の森を歩いてみることに。
フィールドマップを片手に約1時間のアカゲラの小径を
散策してみました。
 
雪が積もると、森の生き物達の活動の跡が分かります。
これはエゾシカかな。

シカが木の樹皮を食べた跡や、アカゲラの木をつつく音、
風に揺れる木々の音などいろんな発見をしました。


 
すっかり冷え切った体を温めてくれたのは
ミュージアム内にあった暖炉と川湯温泉の足湯。

体も温まったことだし、たくさん歩いておなかがすいたので
ランチを食べにいくことに。
乗馬やカヌー体験もできる牧場の敷地内にある
Jiro's Cafeの
 
ハンバーグとビーフシチュー。
ちょっと苦味のあるソースは大人の味でした。

摩周湖は最初曇っていたけど時間が経つにつれ、少しずつ回復。
 
夏場は大勢の観光客でにぎやかだけど
この日は少なめで静かに湖を見ることができました。

今夜のお宿は、旅のメインとも言えるポイントだったので
早めにチェックインします。


こんな風景の中を車で走ります。

本日のお宿ヘイゼルグラウスマナー。
 
こちらに泊まるのは今回が2回目。
今まで泊まったことのある宿の中でダントツのナンバーワンのお宿。
半年も前から予約して、ずっと楽しみにしていたのです。

大きなドアを開けて中に入ると

すてきなクリスマスツリー。
本物のマツの木のようです。
去年はヒバだったけど、今年はいいのが見つからなかったそう。

 

 
3階のお部屋は屋根が斜めになっています。
テレビやごみ箱などは全部調度品の中に。
雰囲気を壊すものは出ていません。
 
のんびりゆったり滞在型のお宿なので
ラウンジには本棚が。
暖炉の火で温まりながら、ゆったり上質の時間が過ごせます。

食事ももちろんこの宿のお楽しみ♪

アミューズの自家製ハム。

 
前菜 タチ(真鱈の白子)のムニエル 
牡蠣のリゾット
 
エビの香草焼き・イベリコ豚のカチャトーラ
 
マスカルポーネのシュークリーム 
ココナッツとりんごのアイスクリーム添え
りんごのミルフィーユ、ラズベリーのソルベ添え

本当にどれもこれもおいしい♪
特にメインのイベリコ豚。
口の中で豚の油がほろっととろけて、
そこにトマトソースのほどよい酸味が絡んで極上の逸品!
(あぁ、思い出すとまた食べたくなってきちゃった・・・。)

クリスマスイブとはいえ、日曜日だったので
宿泊客よりも外からお食事に来ている方のほうが
多かったのですが
この極上の夕食を終えてすぐにお部屋でくつろげるのは
宿泊者の特権ですね。(大げさ)
こうして優雅で贅沢な時間は更けていくのでした・・・。

2006.12.24 / Top↑
今年のクリスマスは旅行に出かけることに。
行き先はこの季節に訪れたことのない道東。
ここ最近雪が降らないので、道路のコンディションもなかなか。
安心して車を走らせることができました。

旭川から北見を通って、屈斜路湖へと向かいます。
美幌峠から見下ろす屈斜路湖。


ちょうどランチの時間に目的のレストランに到着。
湖畔に建つホテルレークウッド屈斜路湖のレストラン
ル・キャトルセゾン。

窓側の席からは湖が見えました。

本日のランチ
ビーフ・ア・ラ・モード。


おなかもふくれたところで、湖畔に行ってみました。

いたいた。たくさんの白鳥。


湖畔の砂浜を掘ると温泉が出てくるそう。
湖の水もあったかいのでしょうね。
南に渡らなくても、いい環境がここにはあるみたいです。
ここには足湯もあって、
湖を見ながらあたたまることができます。


今日のお宿は道東でも屈指の温泉街 川湯温泉。
ここの温泉施設は全館 循環なしのかけ流しです。

川湯温泉では最も伝統のあるホテルの別館に泊まりました。
ここにも温泉があるんだけれど、
うれしいことに本館の大浴場も利用できて一石二鳥です♪

ちょうどダイヤモンドダスト in KAWAYU
というイベントが始まったばかりなので
本館のお風呂に入りに行くときに見てきました。

温の川園地中心にイルミネーションが点灯。
立ち昇る湯煙りでイルミネーションがより輝いて
幻想的でした。

川湯温泉の泉質は、草津温泉にも劣らない「硫黄泉」。
硫黄の香りと、黄色い湯の花がびっしりと付着した
温泉らしい温泉で、PHの低い酸度の強い温泉です。
匂いをかいでるだけでも、頭が痛くなってきそうなので
あまり長湯はしないほうが・・・湯当たりしちゃいます。
「もう少し浸かっていたいなぁ」くらいで上がったほうがよさそうです。


2006.12.23 / Top↑
重い腰をよいしょ、とあげて
今日から少しずつお掃除を始めました。(え?遅い?)

トイレ、キッチン、バスルームの
「3大触りたくないゾーン」は主人にやってもらうとして(笑)
わたしはそれ以外の気になっていたところをちょこちょこと。
プロのお掃除セットに入っていた洗剤をつかったところ
カンタンにぴかぴかに♪
う~ん、気持ちいい。


2006.12.18 / Top↑
先日札幌に行ったときのこと。

「どうせ寝るだけだから」と、札幌でお泊りの時は
お手頃なお値段のビジネスホテルをとっていました。

今回は「クリスマスコンサートへ行く」という
ロマンチックな目的だったので(笑)、
フンパツしてちょっといいホテルを予約したのです。



チェックインすると、「たまたま空きがあるので」と
3000円の追加で最上階のプレミアツインに泊めていただけることに。
23階のお部屋からは、中島公園を見下ろし、
札幌の街を一望する素晴らしい風景が広がっていました。
札幌ドームまで見えましたよ。


宿って、旅の思い出をも左右する大切な要素ですよね。
わたしたちは普段はお宿そのものより、何を食べるかとか
何を見るかに重点を置いているのですが
たまにはお宿に目を向けるのもいいかもしれません。
そういう楽しみ方もあるんだなぁって思いました。


2006.12.17 / Top↑
クラシックのコンサート、「いつか行ってみたいなぁ」と
思っていました。
できるだけ早い時期に叶ったらいいなと思っていたけど
どうも敷居が高いような気がして・・・。
雰囲気もそうだけど、お値段のほうも・・・ね。

でも、ピアノのコンサートならちょっとカジュアルな気がするし
お値段もペアで買うと6000円なら、気楽にいけそう。
それに、わたしのすきな曲もたくさんプログラムに入ってる、
と言う事で、札幌まで見にいってきました。

453席の小ホールは初心者のわたしたちに
ぴったりなサイズで、ピアノや演奏者とも近く心地のよい空間でした。

プログラムは
バッハ 主よ 人の望みの喜びを
ショパン 幻想即興曲、ノクターン、ボロネーズ
パッヘルベル カノン

など、1度は聞いたことのある馴染み深い曲がたくさん。
クリスマスコンサートということで
もろびとこぞりて、ジングルベル、きよしこの夜なども。

家でよく聴いているCDとは違って
演奏する人によって、同じ曲でも全然違うんだなぁ。
オーケストラと、ピアノだけで演奏っていうのも
また違った感じで聴こえました。

今度はオーケストラ?


2006.12.14 / Top↑
今日はフラワーアレンジ教室のみなさんとのクリスマスパーティ。
先生は自宅でも教えているので、
ほとんどがその生徒さんで、初めて会う方ばかりだったのです。

先生がわたしのことを「北海道に憧れて移住してきた」と
紹介してくれたので、みなさん興味を持ったのか
色々と質問されました。

わたしの地元(金沢市)のことを話すと、
ほとんどの方は「いいところだよね~」と言ってくれます。
北海道の方から見ると、かえって金沢のような古い街に憧れがあるようで
「どうしてまた?」と聞かれることもしばしば。
ずっと住んでいると分からないことってありますよね。
贅沢といえば贅沢・・・。


みんなで来年の抱負を話していたのですが、
(お花に関して)来年の抱負・・・。
まだまだ今やっていることで精一杯。
さらに上・・・とまではまだ考えられません。
とりあえず与えられた課題をこなすだけでもいっぱいいっぱい。

強いて言えば・・・「いつもとちょっと違う自分」が
作品で表せたらいいなぁ・・・。


2006.12.09 / Top↑
12月に入るととたんに気持ちが焦りだします。
お掃除しなききゃいけないし、年賀状も作らなきゃ。
その前にはクリスマスもあるし・・・。
楽しいこともたくさんあるけど、その準備はけっこう大変です。

今年の大掃除は・・・ちょっと楽しみ。
なぜならお掃除のプロの「おそうじセット」を購入したから。
形から入るタイプのわたしです(笑)。


今年のクリスマスは
半年前から計画していたので、近づいてくる度にわくわく。
何かと忙しいけど、1年のいい締めくくりができるひと月にできたらいいなぁ。


2006.12.01 / Top↑